岩本浩二 博士(理学) (筑波大学)

contact-staff-iwamoto

准教授
環境グリーン工学科, EGT.
Email: k.iwamoto@utm.my
Tel: 03 2203 1238

研究分野・研究キーワード

  • 代謝生理学
  • 藻類学
  • 生物環境修復
  • 藻類バイオマス
  • 環境生物学

外部資金等

  • 日本学術振興会 平成25-26年度科学研究費助成事業(挑戦的萌芽研究)(課題名:プロティストを用いた放射性セシウムの土壌からの抽出・吸収・減容システムの構築)研究代表者.4,030 千円
  • 筑波大学平成24-25年度東日本大震災復興・再生支援プログラム(課題名:原発事故により環境に放出された放射性セシウムの土壌からの抽出・回収システムの構築)共同研究者.5,500 千円
  • 文部科学省平成23年度東北マリンサイエンス拠点形成事業(課題名:微細藻類養殖ファームをベースにした新バイオ産業の構築)共同研究者.18,300 千円
  • 内閣府平成23年度科学技術戦略推進費(課題名:放射性物質吸収微細藻類の取得)共同研究者.12,992千円

職歴

  • 2013年~2014年 筑波大学企画室 准教授
  • 2008年~2013年 筑波大学企画室 講師
  • 2003年~2008年 筑波大学 研究員
  • 2002年~2003年 海洋バイオテクノロジー研究所 研究員
  • 2002年~2002年 筑波大学 研究員
  • 1998年~2002年 筑波大学生物科学系 助手
  • 1996年~1998年 筑波大学生物科学系 準研究員

学会活動等

  • 国際生物学オリンピック日本委員会運営委員 2010年~現在
  • 国際生物学オリンピック日本委員会出版委員長 2013年~現在
  • 20回国際生物学オリンピック実行委員会事務局長2007年~2010
  • 日本藻類学会員 1998年~現在 (庶務幹事 1999年~2000)
  • 日本植物学会員 1998年~現在
  • 日本植物生理学会員 1998年~現在
  • 日本海水学会員1998年~現在
  • 日本マリンバイオテクノロジー学会員2001年~現在
  • ヨウ素学会員2001年~現在
  • 1回アジアオセアニア藻類イノベーションサミット実行委員会事務局長2010

受賞

  • 2008年マリンバイオテクノロジー学会賞(論文賞(2009) Satoh, M.,
    Iwamoto, K., Suzuki, I. and Shiraiwa, Y. 2009. Cold Stress
    Stimulates Intracellular Calcification by the Coccolithophore, Emiliania
    huxleyi
    (Haptophyceae) Under Phosphate-Deficient Conditions. Marine
    Biotechnology
    11:327–333.
  • 5回世界水産会議ベストポスター発表賞(2008)
    Seiko Minami, S., Sato, M., Shiraiwa, Y. and Iwamoto, K. Development
    of novel methods for evaluating a nori umami taste by applying AMP
    deaminase, the main factor for synthesizing the taste.

主な論文等

論文

  • 岩本浩二,原 啓文,石崎浩之 淡水生有用藻類・微生物の海水利用による生産技術.ケミカルエンジニヤリング.60: 5-10. 2015.
  • Fukuda,
    S., Iwamoto, K., Atsumi, M., Yokoyama, A., Nakayama, T., Ishida,
    K., Inouye, I. and Shiraiwa, Y. (2014) Global searches for microalgae
    and aquatic plants that can eliminate radioactive cesium, iodine and
    strontium from the radio-polluted aquatic environment: a bioremediation
    strategy. Journal of Plant Research 127: 79-89.
  • 岩本浩二,白岩善博 藻類による放射性元素の生物濃縮と除染の可能性.生物工学.92:
    271-275. 2014.
  • Iwamoto, K., Fukuyo, S., Okuda, M., Kobayashi, M. and
    Shiraiwa Y. (2012) Cryopreservation of the chlorophyll d-containing
    cyanobacteria Acaryochloris marina. Procedia Environmental
    Sciences 15: 118–125.
  • Iwamoto, K., and Shiraiwa Y. (2012) Characterization of
    intracellular iodine accumulation by iodine-tolerant microalgae.
    Procedia Environmental Sciences 15: 34–42.
  • Minami,
    S., Sato, M., Shiraiwa, Y. and Iwamoto, K. (2011) Molecular
    characterization of adenosine 5′-monophosphate deaminase – the key
    enzyme responsible for the umami taste of nori (Porphyra yezoensis
    Ueda, Rhodophyta). Marine Biotechnology 13: 1140-1147.
  • Satoh,
    M., Iwamoto, K., Suzuki, I. and Shiraiwa, Y. (2009) Cold stress
    stimulates intracellular calcification by the coccolithophore, Emiliania
    huxleyi
    (Haptophyceae) under phosphate-deficient conditions. Marine
    Biotechnology 11:327–333.
  • Iwamoto, K. and Shiraiwa, Y. (2005) Salt-regulated mannitol metabolism
    in algae. Marine Biotechnology 7: 407 – 415.
  • Iwamoto, K., Kawanobe, H., Ikawa, T. and Shiraiwa, Y. (2003)
    Characterization of salt-regulated mannitol-1-phosphate dehydrogenase in
    the red alga Caloglossa continua. Plant Physiology 133
    893-900.

著書

  • 岩本浩二他:国際生物学オリンピック日本委員会筑波大学問題集[実験編]野村港二、岩本浩二編、医学評論社、東京、20159
  • 岩本浩二、白岩善博:放射性セシウム、ストロンチウム、ヨウ素の濃縮・回収能を有する微細藻類株の探索.バイオベース元素戦略―都市鉱山・海底鉱山に眠る貴金属・レアメタル回収技術、シーエムシー出版、東京、pp.
    26727720157月.
  • 岩本浩二、新家弘也、竹山春子、白岩善博:マリンメタゲノムライブラリーからの元素濃縮遺伝子の検索.バイオベース元素戦略―都市鉱山・海底鉱山に眠る貴金属・レアメタル回収技術、シーエムシー出版、東京、pp.
    25726620157月.

特許

  • 白岩善博,岩本浩二,南誓子 藻類由来のAMPデアミナーゼ特許5311537 (2013. 7. 12).
  • 白岩善博,岩本浩二,神谷充伸 藻類由来のマンニトール合成関連遺伝子,特許第5552706
    (2014. 6. 6).
  • 白岩善博、井上勲、石田健一郎、中山剛、岩本浩二、横山亜紀子、福田真也 放射性同位元素の除去剤および除染方法,特願2012-139660 (2012.6.21出願).